テレビ端子がない!鉄筋コンクリートの部屋で地デジを見る方法



テレビが見たいけれど、鉄筋コンクリート部屋でテレビ端子がない。とお困りではありませんか?

テレビアンテナの回線工事をするにしてもかなり大がかりになり、費用も時間もかかります。鉄筋コンクリートの部屋でテレビを視聴する良い方法はないでしょうか。

安心してください。鉄筋コンクリートの部屋でテレビを見るには小型アンテナの使用をオススメします。そのついでに断念したいくつかの方法もご紹介します。必要なければ読みとばしてください。

断念した方法その1

別の部屋にあるアンテナ回線を20メートル以上ケーブルを引っ張り、テレビに接続して見る方法です。しかし明らかに見た目が損なわれ、ケーブルにより部屋のドアも閉めてないというオチが想定されたため実行する前にやめました。

断念した方法その2

次にワイヤレスで映像を飛ばせないかと考えました。ワイヤレス送受信機のようなものを使ってHDMIの高画質な映像を飛ばすという方法です。2〜3万円くらい機器類に費用がかかるのでは?と覚悟しましたが、そもそも電波法による理由でワイヤレス送受信という商品そのものが存在しませんでした。

そして見つけた薄型・小型アンテナ


もう見た目が不恰好でもよいので、室内にテレビアンテナを付ける方法しかないと思いました。
例えば、戸建ての家の屋根にあるアルミのパイプでできた巨大なアンテナ。あれをもう少し小さくしたものがあれば・・・というわけでなるべくインテリアを損ねないものをとAmazonで室内用テレビアンテナを探してみたところ、なんと手のひら2つ分のサイズ、そして厚みはわずか5mmほどの小型・薄型アンテナと出会いました。商品レビューをいう限り、ほとんど問題なく使用できるうえに、みなさん小型で薄型であることに驚きの声も多数見られました。

さっそく購入。見た目では想像つかないパワフルなアンテナ


小型で薄型のこのテレビアンテナですが、見た目を見る限りでは、これで大丈夫なんだろうかと心配がよぎりました。しかしアンテナとテレビを繋いですぐに映像が映りました。

「あ、普通に映ってる」

実際の受信感度を数字で見て見たところ、50以上の数字が出て安定していました。Amazonのレビューからも多くの方から支持されている理由に納得です。

アンテナの設置場所

同梱されているスタンドを使用して置き型でも良いですし、窓に貼り付けても良し。あるいは窓近くにはなりますが、鉄筋コンクリートのクロス壁に貼り付けても良し。どれも問題なく見れました。私は鉄筋コンクリートの壁のクロスに直接貼り付けて使用することになりました。

大雨の時はさすがに映像が乱れ・・・なかった!

車が近くを通っても雨の音しか聞こえないような大雨になったときでも、テレビは問題なく見れました。これには驚きでした。ありがたいほどパワフルなアンテナです。

まとめ

アンテナの角度で多少の受信感度感度に違いはありますが、期待以上にパワフルな地デジアンテナでした。電源も必要なく設置も簡単。コストも大変安価で優れものです。これで鉄筋コンクリートの部屋でも安心してテレビを見れますね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です