入籍あいさつの手土産はどんなものが良い?OKなもの・NGなもの



大好きな彼氏からのプロポーズを受け幸せ絶頂!しかし、結婚をするにあたっては両親の承諾を得る事が大切。そんな結婚の報告と承諾を両親から得る為の挨拶のマナーを覚えておく事はとても大事です。挨拶に必要な手土産はどんなものが良いのかまとめてみました。

どんな手土産がいいの?

一般的に手土産として選ばれるのはお菓子やが良いと言われています。もしお酒が好きな両親であれば好みのお酒を選ぶのも良いです。値段のバランスは3000円から5000円位が妥当。あまりにも高価なものや、安価すぎるものは避けましょう。

お菓子の場合は、取り分ける手間を考えると小分けされたクッキーやゼリーなどがおすすめです。あまり縁起が良くないと言われるせんべいは、壊れるという意味で避けた方が良いでしょう。ロールケーキやカステラなどは切り分ける為縁起が悪いと言われる事と、長くお付き合いを続けるという意味で縁起が良いと言われる場合があります。しかし、先ほど述べたように切り分ける手間を考えておくのも必要です。そして、賞味期限があまり短いものは避けなるべく日持ちするものが良いでしょう。

地域性などもあるので彼氏のご両親が住む地域の情報を調査しておくのが良いでしょう。その地域で人気のあるお菓子や、気になっていたお菓子などを意識して選ぶ事をおすすめします。包装が綺麗なお店をチョイスするのも良いですよね。

お酒の場合は、彼氏の両親の好みをよーく調査しておきましょう。お酒といっても焼酎、日本酒、ワイン、ウイスキーなど様々な種類があるので好みの味や銘柄をきちんと聞いておきましょう。

手土産にのしは必要?

のしは、結婚が決定していないので基本的には必要ありません。形としてつけるのであれば、御挨拶という形で付けると良いです。挨拶の場合は紅白蝶結び、結婚が決まったあとは紅白結び切りののしが良いと言われています。紅白蝶結びは、何度も結びめが結び直せる為お祝い事に向いています。一方、紅白結び切りは、結び目が固く結ばれている為簡単に解けないので一度きりで永遠に続いてほしいお祝い事に向いています。

手土産はどのタイミングで渡すもの?

いきなり玄関先で渡すのはNG。お部屋に通されて席に着く前に渡すか、席について少し落ち着いたタイミングで渡すのがベターです。手土産を手渡す際は、つまらないものですがというようなネガティブな発言は避けましょう。お祝い事なので、人気のお店のお菓子ですがなどのようにポジティブな言葉を添えるようにしましょう。

まとめ

結婚を認めてもらう為の両親への挨拶。いくら以前から知っている間柄であってもきちんとマナーを守る事は大事です。そして自分の両親の場合であっても大人としての行動を取るようにしましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です