同棲で気をつけたいこと お互いが飾らず自然体でいよう



二人の付き合いも長くなり本気の付き合いとなると同棲を始める事もありますよね。ワクワクするような同棲ですが、生活を共にするというのはデートだけをしていた時とは違う問題が出てきます。そんな同棲生活を長く幸せに続けたいならどのような事に気を付けたら良いのかをまとめてみました。

自然体でいる事の大切さ

お泊りデートを重ねていくとお互いの生活スタイルや習慣などが少しずつわかってきます。しかし、毎日一緒に過ごすのと一定の時間を過ごすのとでは違います。そして、同棲は結婚とも違い不安定さがあるのも特徴。その為、同棲をした為に破局を迎えてしまう危険もあります。お互いの事を愛する気持ちがどれだけあるかどうかも試される期間となります。

結婚を視野に入れた同棲なら、自分だけの考え方だけではなく相手を受け入れていくような考え方を取り入れる必要があります。お互いがまったく別の環境で育っている事は、それぞれの生活習慣が必ずあります。デートだけでは見えない細かな部分も気になってしまう事もあり得るのです。

そんな時は、そんな場面に出くわしても二人で解決していけるような状況を作る事が大切です。一方的に自分の価値観を押し付けるような事は避けましょう。二人が家の中でリラックスできるような方法を二人で作る事が大切です。その為には、お互いが飾らず自然体でいられるような方法をみつけましょう。言いたい事も言えず我慢ばかりするようでは、ストレスが溜まってしまうでしょう。

二人の同棲生活がより楽しいものになるようにお互いをさらけ出す事を心がけて下さい。時にはどちらかに合わせる事もあると思いますが、話し合いながら二人のルールを作る事も大事です。どうしても譲れない事があったら正直に相手に話し、お互いの思いを伝え合うくせをつけると良いでしょう。その際、文句ばかり並べないようにして下さい。どちらが正しいという考え方ではなく、お互いが暮らしやすくなる為の提案をするようにしましょう。

お互いが大事にするものを

付き合う相手を見た目やステータスだけで考えてきた人、同棲生活もごっこ遊びのように考えて始める人。彼氏との甘い生活を夢見ながら期待する人は要注意。デートの時と対応が違うと不満に思ってしまったり、家でダラダラする姿を見て幻滅したりするような事ではせっかくの同棲生活に発展性が見えないでしょう。

色々な相手の知らない姿を見ても愛する事ができるかという事が重要です。すべてを一緒に過ごす為ではなく、帰る場所が同じだという事が大切。お互いの生き方を尊重し、逢いたいと思う人がいる場所に帰りたいと思えるか、その人のすべてを大事に思えるようであれば結婚という将来に向けた意義のある同棲生活ができるでしょう。

まとめ

金銭的な理由で同棲に踏み込む人もいますが、お互いが一緒に生活をする事でのメリットは金銭面だけではありません。寝食を共にする事で相手をより愛おしく感じられるのであれば、将来を共にする相手となる可能性が高いはず。一人ではない自由の制限はできますが、二人になった事の喜びはそれ以上のものになるでしょう。大好きな彼氏がかけがえのない存在になるような同棲生活をしてみませんか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です