彼氏に借金があったらどうする?前向きに考えよう



もし、とても大好きな彼氏に借金があったらどうしますか?彼氏と付き合ってはじめて知った借金の事実。少なからずショックを感じる事はあるのではないのでしょうか。しかし、借金を抱えているからと言ってさようならするだけが解決策ではありません。借金の理由や、状況によっては受け入れられる事もあるはずです。

突然の借金告白!あなたならどう対応しますか

借金と一言で言っても様々なケースがあります。彼自身が引き起こした問題により抱えてしまったもの。そして、本人の問題ではなく家族などの事情で発生したものなど、本人の理由でできたものとそうでないものでも違ってきます。もし、彼氏から実は借金があると告白されたらどんな対応を取りますか?

いつも忙しいと言ってばっかりで全然彼氏と逢えないと愚痴をこぼす友人。もしかして浮気をされているのかもと不安になり相談にきたのです。メッセージの返信も遅いし、電話にも出ない彼。彼に言っても仕事が忙しいの一点張り。このままでは不安と寂しさで参ってしまいそうだと彼女は言いました。

ある日彼女は、思い切って彼氏に別れたいと切り出しました。すると、彼氏は驚くわけでもなく淡々と話し始めました。実は自分には借金があり、夜間も掛け持ちでバイトをしていると彼女に告白しました。恥ずかしくて今まで言う事が出来なかったと涙ながらに話したのでした。その話に困惑を隠しきれない彼女でしたが、勇気を出して彼氏に借金の事情を尋ねました。

彼氏の実家はそこそこ裕福な家庭でした。お金に困る事がない家で育った彼だったのですが、昨年突然両親が莫大な借金を背負ってしまったのです。年老いた両親に借金を返せるほどの労働力はなく、彼と彼の兄弟が力を合わせて返済しているのだと言いました。借金の返済まで数年は掛かると言う彼は、いつか言わなければいけない事はわかっていたけど彼女が好きだからこそ伝えられなかったと泣きながら彼は謝りました。

彼女は、突然の話に困惑しましたが彼の事情を汲み彼との付き合いを続ける事にしました。彼女の理解を得た彼は、変わらず仕事はハードですが彼女が家事などの協力をしてくれるようになった為精神的にも体力的にも楽になりました。それから数年後借金の返済を終え、多少の貯蓄が出来た後二人は無事に結婚し今でも幸せに暮らしています。彼はあの時彼女がきっかけをくれていなければ、自分自身が追い込まれてダメになっていたかもしれないと言います。一方彼女は、あの時大きな迷いがあったと言います。お金の援助はせず、ひたすら彼の生活面での手伝いをした彼女は、結果的に彼との距離が縮まり結婚後も二人で苦労があっても乗り切れる自信ができたと笑いながら話すのです。

お金の管理が出来ない彼氏

人柄も良く真面目で優しい彼氏を持つ友人が唯一彼氏との結婚を迷うのは、金銭の管理が出来ない事。大して物欲のない彼氏なのですが、唯一の趣味が車。車に掛ける情熱は、周りも驚くほど。そんな彼は、給料のほとんどを車関係に費やしてしまうのです。ある日、彼女を呼び出した彼は嬉しそうに新車買っちゃった!と言いました。彼女は、恐る恐るどうやって買ったの?と聞くと、ローンだよと笑顔で言いました。どう見ても高級車の部類に入る新車は、彼の稼ぎでは買えない代物。そんな困惑状態をよそに彼は、最後の一台だったんだよ!ローンも簡単に通ったし、ラッキーだよと嬉しそうに語りました。

そして彼女は、何年ローンなのこれ?と聞くと、10年だよと彼は答えました。結婚はどうするの?と聞くと、なんで?と聞き返されました。結婚する為の費用が車に消えちゃうんでしょ!と思わず叫んでしまいました。きょとんとする彼は、また借りればいいじゃんとあっさりと答えました。あまりの楽天さに呆れた彼女は、それ以上何も言えませんでした。

結局、彼女は彼の金銭管理の甘さを管理する道を選びました。彼がお金を貯めるまで待っていられない事に気づき、結婚を決め一緒に暮らす事にしました。実際彼の借金は残っているものの、一緒に家計を管理する事によって彼の散財を防ぐ事ができるようになったと言います。金銭面以外の事に不満のない彼を手放さずに一緒になれたことを彼女は幸せだと言います。借金はまだまだ残っていますが、返せない額ではないのでお互いに助け合いながら返済していこうと思っていると笑顔で言っていまいした。

まとめ

借金と言っても状況は様々。彼自身に問題がある場合は、交際も考える必要があります。彼女からお金を引き出させる悪い男性もいるので、そういったケースであれば離れる事も大事。しかし、受け入れられる内容であれば二人で力を合わせていく事も大事です。彼の力になるのは、お金を貸す事だけではありません。お金を中心に考えず、状況を冷静に判断する必要があるのではないのでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です