ホワイトデーのお返しでドン引きしたエピソード24選



ホワイトデーはバレンタインデーの贈り物のお返しとして男性から女性へプレゼントを贈る日ですね。

女性はなにかとソワソワする日。しかしホワイトデーは嬉しい日とは限りません。中にはとんでもないプレゼントを贈られる男性もいます。センスの良いのプレゼントは男性のポイントが上がりますが、おふざけが過ぎると女性の敵になります。

今回は、ホワイトデーのお返しにドン引きしたエピソートを女性のみなさんに聞いてみました。甘くないとってもマズイエピソードをどうぞご賞味ください(笑)

プレゼントは気持ちが大事?せこいお返し

なんでも買ってあげると言って500

以前お付き合いしていた彼の話です。その年のバレンタイン、当時学生だった私でしたが、少々奮発してGODIVAのチョコレートをあげました。ホワイトデーに何か好きなものを買ってあげる、と言うので、わくわくしながら二人で百貨店へ出かけたのですが、特にその時これと言って欲しいものが浮かばなかったんです。たまたま入ったお店で私がハンカチを可愛いと言って見ていると、ドヤ顔で「じゃあこれ買ってあげるね」とハンカチをプレゼントされました。500円のものを一枚だけ。プレゼントは気持ちが大事とは思うのですが、大学生でハンカチ一枚だけかぁ、とがっかり。

値下げシール

私は高校生の時付き合っていた彼氏から、お返しに値下げシールが2枚も重ねて貼られたクッキーの詰め合わせを貰ったときにドン引きしました。さらに酷いのは、そのクッキーの箱がとある有名な靴屋の袋に入れられていたことです。靴が入っていた袋に食品を入れるという不衛生さに大変驚き、呆れました。それと同時に、バレンタインデーに半日かけて作ったケーキをその彼にあげた自分を責めずにはいられませんでした。

値段も言わないで欲しかったゲームセンターのプレゼント

ホワイトデーでドン引きしたのは、プレゼントにゲームセンターで取った大きな犬のヌイグルミを貰った事です。デートの初めに貰った為邪魔になるし、ラッピングもされてないため何だこれ状態でした。家に持って帰っても飾る場所がなく困りました。それも「200円で取れた」と値段まで言われてドン引き。そんな安いのをと呆れたのをいまだに覚えてます

ブランドチョコだと知らない天然上司

職場でただ一人の男性上司に、パート勤務の数名連名でバレンタインにチョコをあげました。百貨店で売っているブランドチョコです。そのお返しが、おせんべいの「雪の宿」一人ひと袋ずつでした。上司は「雪の宿」が大好きだそうで、確かによく休憩時間に食べていました。それで純粋に皆も大好きで喜んでくれると思ったそうです。普段からちょっと天然な上司。悪気なく下さったために文句を言うわけにもいかず皆苦笑でした。

お返しする気もない

バレンタイン前にどうしてもチョコが欲しいとお願いされて、知り合いにチョコをあげました。でもホワイトデーにはお返しはなし。次の年も言われて、付き合いがあるので仕方なくあげましたがまたもやお返しはなくもうその人には絶対あげない!と思いました。そんなのだから頼まないとチョコが貰えないんだよなーと引いてしまいました。

ホワイトデーはレストランへ

彼から今から出かけよう言われ私は今日はホワイトデーだしもしかして?と期待してしたら何とガスト(笑)ロマンも何も無いですね(笑)もう少しちゃんとしたレストラン連れてって欲しかった。だってホワイトデーだよ?ロマン欲しいじゃないですかー私の期待返してって心の中で叫びました。でも連れてってくれたことに少しありがとうって思わないとね♡

義理チョコを本命チョコと誤解される

義理に対して手作りクッキー

高校の頃、友達として仲良くしているクラスの男子にバレンタインデーのときに日ごろのお礼のつもりで義理チョコレートをあげました。本命ではないのでコンビニで売っているような安いものをあげたのですが、ホワイトデーに返ってきたのは手作りのクッキーでした。男がクッキーを手作りというのもちょっと引くし、義理チョコを本命と勘違いしたみたいでその後の態度も馴れ馴れしくて誤解をとくのが大変でした。

名前入りのボールペン

職場の男性陣にバレンタインにお菓子を渡していました。日頃の感謝の気持ちもこめて、完全に義理チョコなのでお返しは特に入らなかったのですが、ホワイトデー当日にお菓子などもらえて嬉しかったのです。でも一人の男性から私の名前の入ったボールペン、そして気持ちのこもったお手紙をもらい数日後告白されるもまったくうれしくなかったです・・・。勘違いさせてしまったのでしょうか。

セクハラ

今ではセクハラになる下着のプレゼント

以前働いていた職場だったのですが、男性陣の希望でバレンタインに女性陣がお金を集めて義理チョコを贈ったことがありました。それはそれでその程度で職場の人間関係がスムーズになればと気にしていなかったのですが、ホワイトデーに大問題が起こりました。最初から「ホワイトデーには奮発するからチョコを贈ってよ」と中堅社員の人から言われていたのですが、そのホワイトデーにもらったのは女性陣それぞれの名前が書かれている小さな箱でした。開けてみるとそこには原色の派手な下着が。かなりな昔こそ下着を贈るということもあったらしいですが、今では立派なセクハラです。しかもみんな同じ下着ではなく、それぞれに合わせて選んだとのこと。私は不快感でいっぱいになりつつも我慢しましたが、若い子には泣いてしまった子もいました。「訴える!」と怒る人まで出てきて、その年のホワイトデーはほとんど仕事にならない騒ぎとなりました。最後は何も知らなかったらしい社長までが出てきて謝罪し、女性陣は断ったもののチョコレート代を返すのと、今後はバレンタインなどの行事が一切禁止となっておさまりました。それでもしばらくは男性と女性の社員がギスギスした雰囲気となってしまい、とんだホワイトデーのハプニングでした。

自己満と嫌味でしかないプレゼント

ホワイトデーのお返しに、男友達からセクシーな下着をプレゼントされた時はドン引きしました。本人はネタのつもりだったのかもしれませんが、貰った側は全く笑えませんし、ただただ気持ち悪いだけでした。しかも、渡す時に「この下着が似合うぐらい痩せれば彼氏が出来るんじゃない?」と言ってきたんです。いくら仲が良くても言っていいことと悪いことってありますよね。その日から、その男友達とは距離を置くようになりました。

デリケートなケアアイテムはちょっと・・・

営業所で働いていた時のことです。 毎年、お世話になっている営業職の方たちに、ありがとうの気持ちを込めて、チョコレートを贈っていました。女性が私一人という事もあり、ホワイトデーのお返しは鏡やハンドクリームなど、みんなからとステキなお返しを頂いていました。毎年ちょっと楽しみにしていましたがある年のお返しは・・・足の角質をとるクリーム。嬉しいんだけど、何か深い意味があるのではないかと、考えてしまいました。同性から貰ったら素直に喜べたんだろうけど、異性にもらうと少し悲しくなりました。しかも足のサイズが小さい!!!ダブルパンチ!!恥ずかしいやら、悔しいやら。嬉しくないお返しでした。

だから独身?大人のオモチャ

職場の独身上司にバレンタインチョコ(義理)を渡したのですが、お返しにかなりドン引きしました。ホワイトデーのお返しとして渡されたの物は小さめの箱に入ったちょっとセクシーな下着と大人のオモチャだったからです。流石に気持ち悪くて仕事帰りに捨てましたが、今も何を思ってあんなお返しをしたのかが疑問です。彼のことが一気に嫌いになった

モテ男と付き合っていた女からのお返し

ホワイトデーと言えばバレンタインデーに勇気を振り絞って渡したチョコレートのお返しを貰える日ですね。バレンタインの次に女の子が緊張する日だと言えます。でも悲劇は起きました。それは私が小学6年生の時。当時想いを寄せていた男子に緊張でドキドキチョコレートを渡した私は、今か今かとお返しを待っていました。しかし帰りの時間になってもその男子から声をかけられません・・・諦めて帰ろうとするとある女子が私の元に走ってきて、安っぽいラッピングが施された箱を手渡された。『これ、〇〇くんから。バレンタインのお返し。』その瞬間小学生の私は大いに喜んだのだが、後になって聞いてみるとそのお返しの「いかにも母親が買ってきた安っぽいクッキー」は他の女子にも平等に配られたものであって、しかも私が一生懸命溶かして固めたカップチョコは友人に遠慮なく讓渡され味見され『苦い』という評価を下されていたことが分かりました。あのヤロウ、今度同窓会で会ったらぜってー許さん。あと、お返しを渡しに来てくれた使いっ走りの「実はその男子と付き合っていた女子」もぜってー許さん。

女子の言葉を真に受け過ぎた男子

バレンタインを渡した同2月に、「お返しは何がいい?」と聞かれ正直に答えたところ、「じゃあそれにするね」と言われてしまった。内容を知ってしまった時点でドン引き・・・プレゼントを買いに行く日はホワイトデーではない日になりましたが、当日お菓子くらいあるだろうと思ったら何もありませんでした。女性の言葉を間に受け過ぎる男性はどうなんだろうと思いました。

異物混入

高校生の頃、同じ予備校に通う男の子から、ホワイトデーに手作りクッキーを貰いました。 彼は理数系でクール男子で成績も優秀でした。志望校も一緒だったこともあり、 気になる存在であったことは事実ですが、この日を境目に好意はなくなりました。 そのクッキーは母親と一緒に作ったらしく・・・(その時点で少しマザコン)可愛らしいラッピングでクッキーの形もハート型や星型で普段クールな彼とのギャップで全体的には好印象。 しかしクッキー自体は岩のように固く、口の中に何か残るな・・・と思い、吐き出すとコバエが入っておりました。バニラビーンズかと思うほど・・・見た目は美味しそうなのですが。 想像するに、長い間使っていなかった小麦粉の中に紛れ込み、そのまま調理してしまったのでしょう。淡く切ない恋心はコバエとともにゴミ箱へ葬りました。

ウブな小学生の頃の苦いエピソード

女心も分からずお金もない兄

小学生の頃、猫好きな兄のために少ないお小遣いでまねき猫型のチョコを贈りました。「可愛いねえ」と言いながら頭からムシャムシャ食べる辺り「うわー」と思いましたが、そういう人なので構いません。あの兄がホワイトデーに何をくれるんだろう?と結構期待していたんです。314日当日、兄に「今日は何の日?」と聞いたところ、慌てて出掛けて行きました。どうやら用意していなかったようです。「何をくれるのかなー」とワクワクしながら待っていると、十分程で戻って来ました。後ろ手に何か持っています。「目をつぶって手を出して」なんかおしゃれな演出まで。期待は最大になっています。「はい」兄の声で掌を見ると、そこにあったのは「ホワイトデー用チロルチョコ1個」だけ私は号泣、兄は母から叱られていましたが、そんな事では許しません。翌年から兄へのチョコはなくなりました。

プレゼントが使い古した愛用品

私が高校1年生の時、同じクラスに好きな男子が居ました。普段から特に彼と仲良くなることもなく、私の一方的な片思いだったんだと思います。ただ、2年生になったら同じクラスになれるとは限らないし後悔したくないので、ダメ元でバレンタインデーに告白。「好きです」と言ってチョコレートを渡しこっちは告白しているのに、「ありがとう」としか彼は返してくれませんでした。そしてホワイトデーの日。お返しをちょっとだけ期待して一日を過ごしましたが彼からは何も言ってきません。残念に思いながら一日を終えて上靴を履き替え家へ帰ろうと、下駄箱を開けると、ヨレヨレで薄汚いタオル地のハンカチが入っていました。白に車の絵がかいてある、小学生のハンカチのようです。私は誰かのイタズラだと思い、近くのゴミ箱へハンカチを捨てて帰りました。翌日、私がバレンタインに告白した男子が「あれ、俺からのお返しな」と言い、私が何のことか尋ねると・・・昨日私が捨てた下駄箱のハンカチは彼が長年愛用していたハンカチだったのです。お返しをくれるのは有難いけれど、どうして使用済みの汚いハンカチなのか?私は彼にドン引きしてしまい、貰ったハンカチをゴミ箱から探すこともなく、恋心もどこかへ行ってしまいました。彼とはその後も仲良くなることは無く、むしろ少し嫌いになったくらいです。

お返しを渡せず置いて帰ったあの日

私が小学生6年生の頃の話です。私がずっと思いを寄せていた男子にバレンタインデーにチョコレートを渡しました。それから、いつも変わらない日々が続き、ホワイトデーがやってきました。しかし、お返しがないままでした。中学も同じでしたが、お互い何もなく別の人と付き合ったりしてましたが、私は密かにずっとその彼のことがずっと好きでした。そんなある日、彼の友達から、実はあのホワイトデーの日、私の家の外の石段にお返しを置いたんだよと言うのです。渡す勇気がなくて置いたと。ドン引きです。渡す勇気なくて置いて帰られるなんて。そこは勇気見せて欲しかったです。

こんなこともあるんです珍エピソード

奥様の手作りクッキー

職場の男性上司に女性社員より1人づつ渡していたのになんとお返しは奥様の手作りクッキーのみ。それも個別ではなくみなさんでとのこと。顔も知らない奥様の手作りなんてどうすればいいんだとみんな大ブーイング。その他の男性からはそれぞれお返しをいただいていただけにその上司への評価はダダ下がりでした。

未来予想図

20代前半に付き合っていた人ですが、別れ話を切り出しても納得してくれず、距離を置きたくて電話もメールも出ないでいたら、ホワイトデーに自宅のポストに彼手作りのチョコケーキと、私との勝手な未来予想図を記した無印良品の文庫本ノートが入っていました。ノートには一冊ぎっしり、お互い就職して同棲して、結婚して~という妄想が事細かに書かれていてかなり引きました。

ピアスしていない彼女へピアスのプレゼント

20代の頃付き合っていた人とのエピソードです。彼と付き合い始めて3ヶ月経った初めてのホワイトデーに綺麗な箱をいただきました。明らかにジュエリーが入っていると思しきものでしたが、ネックレスだと自分では勝手に信じ込んでいました。彼は私がピアスをつけていないことは承知だと思ったのですが、なんと箱を開けてみたところピアスでした。自分がピアスホールがないのは十分知っていると思っていただけに、そんなにデリカシーがない人なのかと思うようになり結局別れてしまいました。

もらったプレゼントが邪魔に・・・

遠距離恋愛をしていた頃の話ですが花束をもらって帰りが大変でした。飛行機でしかも満席、荷物入れもいっぱいで置けず結局ずっと膝の上に置いておくしかない状況でした。もらった瞬間は嬉しかったのですが移動時にはひたすら重いしかさばるということで家に戻ったら一気に疲れました。しかも頑張って持って帰ったもののしおれてしまったものや折れてしまった花を見てちょっとガックリしました。

とある教本のプレゼント

義理チョコをあげた職場の同僚からホワイトデーにお返しをもらいました。 そもそも義理チョコなのでお返しは期待してなかったのですが、いただいた時これはこれでありがたいなと思っていただいたら、なんとその人が新興宗教に入ってることをカミングアウト。妙な匂いのお香と理解できない内容の教本が入っててドン引きしました。 世の中にはもらって迷惑なプレゼントってのもあるんだな・・・と、その時初めて思いました。

楽しいイベントがある日はいつも悲しい

お付き合いしている彼氏がおりますが、イベント事に全く興味がない人です。クリスマスはもちろんですので、ホワイトデーにお返しなんてもらったことがありません。クリスマスプレゼントもバレンタインデーもプレゼントあげているのに全く無視です。誕生日すら忘れられることが多いです。ということで、今年もバレンタインは何もなし!です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です