薬剤師か看護師か進路に悩んだら メリット・デメリットまとめ



どっちが向いている?!進路は薬剤師か看護師か

女性が医療系の資格を取って就職を考える場合、どんな進路が良いのか悩む場合がありますよね。人気の職業である看護師と薬剤師は、実際どちらが良いのかと悩む学生さんも多いです。そして、資格を習得して新たに医療系に進もうと考える社会人も多い世の中。そんな医療系の進路を迷う女性の方に薬剤師と看護師についてまとめてみました。

勤務先が多い薬剤師のメリットデメリットとは

薬剤師と看護師との大きな違いは、勤務先の種類の豊富さです。主だった勤務先はドラッグストア・調剤薬局・製薬会社・病院があります。それぞれの勤務先によって勤務の特徴や、メリット・デメリットがあります。薬のスペシャリストとして働く薬剤師は様々な薬を扱う場所で活躍できます。

薬剤師が多い職場で働くのは調剤薬局。病院からの処方箋により薬を出す調剤薬局は、薬剤師が中心に働く職場。一番薬剤師として仕事がしやすい場所でしょう。その代わり小さなコミュニティーとなってしまう為人間関係がポイントとなります。

ドラッグストアの場合は、薬剤師としての仕事だけではなくドラッグストアの仕事もやらなければいけません。薬の相談だけでなくまったく関係のない日用品の説明などもしなければいけません。求人数も高く初任給も良い代わりに、休みが取りづらい部分もあります。接客業としての一般スキルをつける事ができるでしょう。

製薬会社で働く場合は、より専門性の高い分野で働く事ができます。研究分野での活躍が出来るので薬への関わりが強い職場となります。その代わり、他の職場と比べると患者さんとの関わりはなくなります。製薬会社への就職であれば、有給休暇や育児休暇などもしっかりしているので長い目でみると安定感があるでしょう。

病院勤務の場合は、総合的な薬剤師としてのスキルアップが期待できます。様々な医療への関わりもできるので幅広く成長が期待できる職場です。総合病院などの場合は、勤務がハードな場合も多く医師や看護師達との関わりも気を使う部分が多いのも特徴です。

自分がどんな仕事内容に向いているのかを考えて職場を選ぶのが良いでしょう。基本的に資格は生きているので、万が一向いていなければ転職をする事も可能です。職場によって係るものが違ってくるので、好きな方向性をみつけてチャレンジしてみて下さい。

転職しやすい看護師のメリット・デメリット

看護師の資格や経験は、例え仕事を辞めたとしても次の転職がしやすいのが一番のメリットです。そしてハードでフレキシブルな勤務体制な内容に対して給料はかなり高め。長い勤務時間やハードな労働に辛い思いをする人が多い職場もありますが、看護師の仕事から別の職業に変えようとしても給料が下がってしまう事がネックになると良く言われています。看護師の仕事内容は好きだけど、人間関係が困難!となった場合は、他の病院を探す事で解決できます。

看護師として大学病院で働く場合、一般病院よりも看護のチャンスが多く自分のやりたい事が出来るメリットがあります。看護の分野だけに特化して働く事ができます。看護以外の仕事に従事せずに出来るので、より患者さんのケアをする事ができます。看護師を志したものの自分の思った事以外の業務が増えたという人もいる中、大学病院勤務であればそれがなくなります。そして、給料や福利厚生がしっかりしているのもメリットです。ただ、医療の幅が広いので残業が多いという不満を持つ人もいます。

民間病院の場合は、民間病院の場合は看護よりも介護のような仕事が増えます。その為自分が学んできた看護の分野よりも、介護や他の作業に取られやすい部分はありますが、患者さんへの様々な関わりを中心に出来るやりがいもあります。全体的に大学病院ほどのサポートはないですが、その分福利厚生や休暇などは病院によって様々です。

まとめ

どちらにもメリット・デメリットがありますが、患者さんと日々係る看護の仕事が好きなのか、薬の知識を患者さんに伝えていったり開発していく事が好きなのかで違ってきます。献身的にすべての面倒をみてあげたいという気持ちが強いのであれば看護師という仕事は向いていると思います。研究や薬に関した知識を患者さんに伝えたいのであれば薬剤師が向いているでしょう。自分が従事してみたい分野を認識して様々な方向を探してみるのが良いでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です