iPhoneとAndroidの違い どっちがどう良いのか比較してみよう



2017年現在、iPhoneAndroidは性能の違いはほとんどなくなり、明確にココが違うといったこともなくなりつつあります。

つい数年前まではAndroid機種といえば、使っているアプリが強制終了されたり、操作しても反応が遅くてイライラ、熱を持ちやすい・・・などトラブルが相次いでいましたが、

2013年に発売されたiPhone5sではそのようなトラブルもほとんどなく、多くの方が安定した動きをするiPhoneを支持し使い始めました。2017年の今でもiPhone5sに不満の声はなく電池持ちが悪くなってきたという理由で機種変更をしているくらい不満の声は少ないです。

そして話は戻りますが、2017年現在のiPhoneandroidの主な違いは、どちらのスマホ本体も完成度は高く、iPhoneはケースの種類が豊富、Androidは低価格帯ラインナップがあるといった違い程度に落ち着いています。

他にはどんな違いがあるのでしょうか?もっと細かく見ていきましょう。

種類豊富でファッション性の高いiPhoneケース

iPhoneのケースは驚愕の10万種類というラインナップでお店にいけばファッション性が高いもの、ユニークなもの、実用性の高いものなどいつでも手に入ります。

対してAndroidは、発売から3~6ヶ月でお店から無くなります。Amazonや楽天などオンラインショップで購入しましょう。

低価格のスマホがあるのはAndroid

Androidは高級機と言われるiPhoneよりも高額なスマホ本体もありますが、性能を抑えた低価格のスマホもあります。

2016年、総務省が各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に対し「本体を過剰に値引きをしすぎている」という指導を行ったことにより、私たち消費者にとっては嬉しくない0円機種という存在がなくなりましたが、いまだ1000円を切る価格で購入もできる機種もあります。

ここが好き!iPhoneの良いところ

・操作がスムーズでストレスがない

・スピーカーの音が大きく聞こえやすい

・ケースの種類が豊富

・iPhone本体を振ると、間違って消してしまった操作の取り消しができる

・Wi-fi接続がスムーズ

ここが好き!Androidの良いところ

・片手で操作ができる手のひらサイズから画面が見やすいものまで種類が豊富

・低価格の機種がある

・高音質で音楽が楽しめるハイレゾに対応している機種が多い

ここがイヤ!iPhoneの気になるところ

・iPhoneの充電ケーブルが曲がりに弱く、多くのかたがケーブルを買い換えています。

・テレビチューナーが付いていないため、ワンセグ、フルセグのテレビが見れません。

・SDメモリーカードが本体に入らないので大切なデータはこまめに自分でバックアップしましょう。

・静かな場所で目覚まし時計を使いたい時、純正のタイマーでは振動のみの目覚ましができず必ず音が鳴ってしまいます。

ここがイヤ!Androidの気になるところ

・スマホ本体を落として画面が割れてしまうとタッチ操作ができなくなり切なくなります。

・便利なアプリを取れば取るほどたくさんアップデート通知が来る。

・手軽にSDメモリーカードに電話帳やカメラ写真をバックアップできるがSDメモリーカードだけ抜かれ盗難される可能性も。

・アプリにウイルスが混在していることもあるのでウイルス対策ソフトを入れる必要がある。

スマホの宿命。iPhoneAndroid共通の特徴とは

・一般的に23年で電池の性能が下がる どのスマホも23年ほどで内臓電池の性能が劣化していきます。

・IDやパスワード・バックアップは自分で管理すること。

・防水といっても防水=水中で使っても大丈夫ということはありません。耐水圧ではないため普段の生活では濡れた手で操作したり、水しぶき程度までの防水性能であるであると認識しておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です