マンネリ化の解消法!カップル・夫婦に聞いてみました 14選まとめ



長年付き合うと、行くお店、食べるもの、会話もパターン化してくることもありますね。

そして、何か刺激が足りない、ドキドキしない、物足りない・・・

多くを求めるわけではないけれど、何かワクワクが欲しくなりますよね。

そこで今回は、そんなマンネリ化していたカップル・夫婦がマンネリ化を打破し、解決したエピソードを14つご紹介します。

初々しいカップルとダブルデートをして新鮮な気持ちを取り戻す

相手の事を分かりすぎているからこそのマンネリ。こう言えばこう返ってくると、先の先まで読めてしまって会話が弾まないどころか、話すのも億劫そんな時は、付き合い初め出した友達とダブルデートをしました。友達カップルの初々しさを見ると、羨ましくもあり、自分もあの頃に戻りたいと思い、相手に優しく接しられます。自ずと会話も盛り上がり、新鮮さを取り戻し、マンネリ打破できました。

あえて嫉妬する状況を作り出す

私が3年付き合っている彼氏とのマンネリを打開した方法は、他の男性や女性を交えて遊ぶ事です。両方同じ合コンに参加する事もしました。そうすると他の男性と彼を比べられたり、他の女性と話している彼を見たりできるからです。やっぱり格好いい!や、マンネリ化して一切しなかった嫉妬をしたりします。好きという気持ちが蘇ってきました。

キャラクターを設定していつも違う自分たちを演じる

いろんな人になりきってデートしていました。例えば、「彼は学園1のモテ男」、対して私は「そのモテ男に憧れる後輩女子」。設定を元に発言・行動していました。設定通りに演じる内、ドキドキするぐらい新鮮味を感じる事が出来ましたよ。彼の好みの潜在的な部分知る事も出来て結構楽しいです。特に同じお店に行く時は、設定毎に会話や行動も変わるのでこれまで気づかなった発見もありました。

いつもとは違う非日常を取り入れる

長く交際してるとマンネリ化はするので私たちの場合は年に数回、高級レストランとか、普段は行かないようなお洒落なお店に食事に行くようにしています。その日ばかりはお互いに思い切りお洒落していくんです。また、半年に一回は地元から離れて、旅行に出かけ二人で交際したての様に楽しみ、マンネリ気味にならない様に工夫する事を心掛けています。

料理のレパートリーを増やして感謝される

お料理を勉強して質を上げるようにしました。胃袋を掴むことにより、美味しい、ありがとうと言ってくれることが増え、笑顔が増えた気がします。そのおかげで私も笑顔になれるし、もっと彼に喜んでもらえることを短い時間で簡単にできることを考えることが楽しくなり、マンネリも解消され良い循環ができました。

最初に出会った場所でさらに思い出を上乗せする

私達はマンネリだなぁと思って来たら、付き合い初めの頃にデートで行った場所に行くようにしています。するとお互いあーだったよねこーだったよねと話に花が咲き前来たときは分からなかった新しい発見が結構あったりしてまた思い出に新しい思い出を上乗せも出来るし毎日ドキドキしてた頃の事も思い出すし、新鮮な気持ちになりますよ!

いつものパターンと見せかけてサプライズ!

長く付き合ってくると大体いつも同じお店で同じメニューとなってきてしまいますが、そんな時に私たちは記念日(月単位)などでは彼に内緒で小さなケーキを用意してもらったりとサプライズを取り入れてマンネリしないようにしています。ただサプライズする時には彼には常にいつもと変わらないようにポーカーフェイスでいるように心がけています。長く付き合っていると行動パターンがいつも同じになりがちですが、サプライズがあると新鮮です。

同じ方向性の習い事を始める

新しい習い事を始めました。もともと二人とも興味のあった写真の教室に二人で通い始めました。コンクールもあるし、他の受講者の方との交流もあるのでいい刺激になりました。コンクールなど目標があることで旅行など遊びに行っても写真の構図や光をアドバイスしあったり、どちらが先に入賞するか切磋琢磨できほどよい刺激になりました。共通の話題を広げることがマンネリの打開策かなと思っています。

共有したくなる気持ちになるまで1人の時間を作る

嫌いではないけど、だらだらして、一緒にいて楽しくなくなった時、会う頻度を少なくし、1人旅をしてみたり、と1人の時間をとってみました。そうすると、旅先でおいしいお店を見つけたり、楽しいことやハプニングがあると、やっぱり彼と共有したい、という気持ちが湧いてきました。少し自分の時間をもってみると、彼とのマンネリしたデートも「新鮮さ」を増してきます。

待ち合わせの場所を変えてみる

待ち合わせの場所をいつも同じ場所にしてたのですが、場所を変えてみました。そしたら知らない店などを発見できていつもと違った会話になったり、ウインドウショッピングを一緒にしたりして違った時間を過ごせました。その後の食事の場所もいつもなら同じ場所を当然のように言ってたのですが、二人でどこに行くか探しながら行くのが楽しかったです。

マリンスポーツ、ウインタースポーツをしてみた

結婚十年目の夫婦です。十年もするとかなりマンネリですがマンネリを打開す方法といえば二人とも経験した事のない何かを二人で始める事です。私たち夫婦は二人共未経験だったスキューバーダイビングを夏に、スノボーを冬に始めました。お互い初めて挑戦したので共通の話題が増え会話する時間も増え昔のカップルの頃のように戻ることができました。

行き先を言わないデートにワクワク

彼氏は色々な所に連れて行ってくれる人でとても楽しませてくれましたがやはり行く場所にも限りはあり、マンネリ化しました。そこで彼氏が考えてくれたのが行き先を私に教えないで行く事でした。食事をするのも遊びに行くのも最低限の質問をするだけです。男性には考える負担が、女性には希望の場所では無い事もあるかと思いますが、私はワクワクしてとても楽しめました。

お互いにファッションを帰ると行くお店も変わった

私がマンネリ化を打開した方法は、ファッションを替えることです。それまで私は裏原系でした。そして彼氏はパンクに近いようなファッションでした。しかし、私はお姉系になり、彼氏は草食男子系のシンプルなファッションになりました。すると、とても新鮮な気持ちになり、デートも次はどんな格好で会えるのかとても楽しみで、行くお店も変わったので、新たな気持ちで過ごせました。

車に乗らず散歩がてら歩いてみると意外にも・・・

子供が出来て数ヵ月してから外出先や家での出来事がパターン化し、夫との会話も短調なものになってしまいました。そんな時に気分転換も兼ねて家族で散歩をしたんです。すると今まで車等に乗っていて気づかなかったことにイロイロと気付くようになり、夫との会話にも花が咲くようになりました。また散歩の回数を重ねてもその度に新しい発見があるので、今のところマンネリ化する気配はありません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です