イケメンだけどドン引きしたエピソード26選まとめ



この人いいかも・・・

イケメンは第一印象のとても良いですね。

一目見ていいな、と思いきや、上から目線だったり、ありえないことを言ったり、子どもすぎたり・・・

今回はそんなイケメンな彼らにドン引きした26のエピソードをまとめました。

俺の話ばかりしたがるイケメン

イケメンだからこそなのか、自分が大好きなのか分からないのですが、自分の話しかしない人で、ドン引きしました。私の話をしようとするものなら、俺はさ、と自分の話に切り替えたり、俺だったら、とすぐに自分の話に変えてしまいます。正直つまらないし、もう会話もしたくなくなりました。自分でも自分のこと、イケメンだと思ってるんだなと思い、さらに引きました。

ポイントカード好きなイケメン

こちらの気を引きたいのか、お金には苦労していないような発言を繰り返していたので、イケメンで金持ちなら最高じゃん!と思って、デートしてみたら、かなり年季の入った軽自動車に、ご飯はチェーンの丼屋さんに行こうとするし、別のお店ではポイントカードでポイントを貯めまくり。そりゃお金も貯まるよね、と思いつつそこまで付き合えなくてサヨナラしました。

エッチが上手いを履き違えているイケメン

20代の頃、結構イケメンの人と飲み会で知り合ってメチャ口説かれてその場の勢いでホテルへ。で、そのホテルに向かう時に「俺良いもの持ってるから満足させる自信あるから」と言われたのだがいざ始まるとそのものに頼り過ぎでムードも何もない。いきなり入れようとしてこっちがその気になってないのに。イケメンでもエッチの時はムードから女性をその気にさせないと無理。まったく気持ちいいものではなく、確かにいいものを持ってましたがまったく濡れませんでした。期待していただけにガッカリでした。

ブーメラン水着のイケメン

とても穏やかな口調の年上の男性でした。職業は建築士というだけあり、服装や部屋もオシャレにしており、好みのタイプだったのでお付き合いを始めました。ある日、彼の家に行くとお風呂場に真っ白で小さな男性用パンツが干してありました。「?」と思い、「これは、サポーターか何か?」と尋ねると、先日友達と海に行ったときに履いた水着だと答えました。その水着は眩しい程真っ白で、ブーメランのように細く、ボディビルダーが履きそうなブリーフでした。こんな水着を選ぶ程、彼はナルシストなのかと、一気に覚めました。

ローン地獄のイケメン

見た目がとっても爽やかなイケメンバンドマン。第一印象は好青年だったけれど、よくよく話をしてみると借金だらけ。楽器や機材をぽんぽん買い替えてしまうらしい。ローンが払い終わっていないものを売却して、また新たにローンを組んで新しいものを買って、というのが普通になっているようです。彼は日中仕事もしていましたが、ボーナスが出ても出た瞬間に全て支払いで無くなる、と言っていました。

ルックスだけのイケメン

合コンの時に出会ったイケメンで背も高くてルックスもいいのにとても空気の読めない人で女性陣がドン引きした他、その人と一緒に来ていた友達までも引いていました。なんでその友達を連れて来たんだ!と聞いたら数合わせで仕方なかった。こうなることはわかっていたと言っていた。それならルックスもよくかっこいい人ではなくて普通に話し出来る人連れて来て!と思いました。注文は勝手に好きなものを頼み、人の話は上の空、話した言葉は女子批判のような人だったので尚更です。

靴下もママに履かせてもらうイケメン

2ヶ月だけ、知り合いの町工場に手伝いに行きました。助っ人という形です。この会社に俳優さんみたいな男前がいると知られていて、有名でした。私を入れて3人で行くのが決まり、噂の彼に逢えると喜びました。実際に逢ってみると背が高く、顔もジャニーズ系でカッコよくなるほどと思いました。若い子達がキャーキャー言うのも納得したくらい端正な顔立ちでした。私より5歳年下です。慣れるまでドキドキしたものです。ある日、休憩時間に一緒に世間話をする機会がありました。この時の会話で引いてしまいました。自分の両親をパパ、ママと呼びます。祖父母はおじいちゃま、おばあちゃまです。お坊ちゃんらしく、身の回りの事はママが全部やってくれる、靴下もママが履かせてくれると言ってました。他にもいろいろ聞きましたが、ママがいないと生きて行けないと聞いてみんな引きました。本当にいるんだこんな人と思いました。あの人結婚できないよ、無理だよと思いました。ママが相手では太刀打ちできません。それまであの顔を見るとドキドキしてましたが、それ以降は平気になりました。

嘘とプライドで固められているイケメン

大学生の時、に友達の紹介でイケメンと付き合うことになりました。彼は習い事をいくつかやっているようで、週に12回会うことができました。今まで付き合った人はお世辞にもイケメンとは言えなかったので、デート等もいつも以上にドキドキしていたような気がします。ある日夜ご飯を食べにいこうとお店に向かっているとき、彼がいきなり「ここ、俺の家」と指を指しました。見てみるとかなりの豪邸!イケメンでさらには金持ちか。と怯んでしまいました。さらには、今までバスに乗ったことがない、ファミレスに一度行ってみたい等など、あげればキリがないほどのお坊ちゃま発言。漫画みたいな事を言う人だなあと思いつつ付き合っていたある日、彼を紹介してくれた友達と二人でご飯を食べに行きました。友達は会ってそうそう、「彼とちゃんと会えてる?」と心配してくれたので、私は「習い事が忙しそうだから会えても週に2回かな。」と報告しました。友達は「やっぱり。」と一言。続けて「それウソだよ。」と。完全に?の私に友達は話し始めました。彼は暇さえあったらパチンコ屋に行く事、習い事はパチンコの事、私に教えた家は彼の家ではない事など。そう彼は虚言癖があるのです。友達曰く、高校へはバスで通って、ファミレスも一緒によく行くとの事。友達にお願いして、今日は習い事で会えないと言っていた彼に非通知で電話をかけてもらうと、耳が痛くなるようなパチンコ店特有の音が聞こえてきました。イケメンのプライドなのか何なのかは知りませんが、全てがウソだったことにドン引きし、その後すぐに別れました。

まさかの趣味のイケメン

20代の頃に知り合った細身でスーツの似合う爽やかイケメンだったのですが、彼には彼女が居ないと言うことで5回くらいデートを重ね仲良くなったんです。そして、その後流れでホテルに行ったとき、服を脱いだ彼の姿を見てドン引きしてしまいました。彼は、女性物の真っ赤なレースのTバックを穿いていたんです。爽やかなイケメンだったのに彼女が居ない理由がなんとなく分かった気がしました。

鏡に映る自分にうっとりするイケメン

中学の時、初めて同じ班になった男の子、小さいながらもバスケもやっていて、うまくてかっこよくて、女の子からもすごく人気だった男の子。ある日、いっつも休み時間になると鏡の前に行っていた。ある日、俺ってかっこいい?と聞いてきたのでかっこいいよと答えると、また鏡の前にいき、やっぱ俺ってかっこいいと言って自分の顔を見ながらニヤニヤしていた。ものすごくナルシストでドン引きしてしまった。

鼻から「こんにちは!」イケメン

いつも遠目に見てるだけで、そこまで親しくはない人だったのですが、ある日面と向かって話をする機会があり、イケメンで背の高い彼を見上げると、立派な鼻毛が!爽やかな笑顔で、優しく話してくれても、会話の内容は耳に入ってきません。私の意識は彼の鼻毛にロックオン!身だしなみが整っていないと、いくらイケメンでも、一瞬で魅力ゼロになるのだと、身をもって体験しました。

中身が安いイケメン

一見、背も高く顔も爽やかな男性にデートに誘われましたが、食事に行く店はファミレスやチェーン店ばかり。話の内容も自慢げで仕事や自分の話ばかり。他人をディスるような発言も多く、一緒にいるだけで疲れてきました。きわめつけは飲み帰りでの突然の路上ゲロ。その音がすごすぎて一気に冷めました。男性は顔じゃなく中身だなと実感しました。

告白させて勝手に振ろうとするイケメン

何回か遊んでいて急に「おれのこと好きか?」と尋ねられ「いや、レベル高いので」とスルーしたにもかかわらず勝手に「今は付き合いたいとは思わない」と振られました。「自分でも告白されたわけでもないのにこんなこと言うのおかしいけどね」と言ってました。確かに好きなのがにじみ出てたのかもしれないけれどイケメンだからできることだなと思いました。

ムイムイしてもらうイケメン

以前、ワープロオペレーターとして働いている時に、社長のご子息がイケメンでした。女子社員の憧れの的でしたが、忘年会の時に、マザコンと判明した時は、ドン引きしました。社長夫人は、ご子息の名前にちゃん付けで呼び、「〇〇ちゃん、このカニさん美味しいわよ。ママがムイムイしてあげるね」と言ったら、「うん。ママ~。ありがとう。」って言いました。ほんとに、ドン引きしましたよ。

自称商社マンのイケメン

飲み会で知り合ったイケメンの男性てすが、スタイルも良く皆で、大絶賛していました。初対面だったので、自己紹介をしあいまして、職業は商社マンだと言っていました。後日知ったのですが、イケメン男性は自称商社マンの、無職男性だったのです。飲み会に参加しました女性メンバー一同、ドン引きしまして、言葉を失いました。

クールだけどクールじゃないイケメン

職場でも女性の間では人気で、クールがという言葉が似合う男性がいました。突然その人と食事へ行くことになりました。あまりちゃんと話したこともないのでどきどきしていました。その後お付き合いすることになりました。長身でかっこよくて私には勿体無いくらいの人と思っていた時に彼の家に行くことになりどんな家なのかわくわくしていたら、テレビに出てくるレベルのごみ屋敷でした。洗濯の山、本は落ちたまま、吸い殻がテーブルの上に置いてあったり、悪臭がしたり最悪でした。これを機に彼とは距離をおきました。

決めセリフも決まらないイケメン

合コンで出会ったイケメンと後日二人でご飯に行きました。連れて行かれたのは一品150円~300円程度の安い居酒屋さんでした。ずっと彼が喋りっぱなしで、昔のモテ自慢、会社での成績自慢のオンパレードでした。散々喋って、私より遥かに食べまくっていたのにお会計は割り勘でした。その後、「この後俺ん家来ない?」と決めゼリフを言われ、いくらイケメンだからと言ってあまりにも女性に対するマナーがなっていないのでドン引きしてしまいました。

お財布を忘れたことにしたイケメン

私が出会ったイケメンは、食事の約束をしてるのに、お財布を持ってこない人でした。以前、SNSで知り合い、食事に行くことになりました。当日待ち合わせをして食事に向かいました。まず食事中はほぼ会話がありませんし、終いにはお会計の時に『今日財布忘れたから。』という始末でした。自分の好みじゃなかったからかもしれませんが、食事の約束をしてたのにそれはないだろうと思いました。

完璧主義・潔癖症なイケメン

誰が見てもイケメンといえる顔立ち、身なりで私の友人もかっこいいと本気で惚れている人がいました。その美しい身だしなみ通り、相当な完璧主義者・潔癖症な持ち主で自分の友人が横でくしゃみしただけで本気で嫌な顔で「汚い」と顔をしかめ、常にウエットティッシュを持ち歩いていました。また、自分の彼女となる人にももちろん、中身の清潔さも大切だけど、顔もキレイでないと絶対受け付けないと言い切っていたところに引きました。

自意識過剰なイケメン

職場で知り合った4歳下のイケメンくんでした。隣の席の同期からそのイケメンくん一緒に飲みに行こうと誘われたので、3人で飲みに行くことになりました。そのうち2人で出掛けるようになり付き合い始めました。硬派を売りにしていて最初は印象がよかったんですが、中身が全く薄っぺらくって付き合っていてもつまらなかったです。まず年賀状の話ですが、出したい人に出せばいいじゃないですか?それなのに「なんで元旦に来ないんだよ!」かなり上から目線でしたね(笑)自分をイケメンと思っていたんでしょうけど、TDLに出掛けた時も「あの女の子とずっと目が合っている」とか「じっと見られてるんだよね~」とか言ってきて、私は「はあ~?」とか言って適当に返事をしてしまいました。その頃には彼の子供っぽい所が我慢できなくなっていました。おまけにエッチも下手でしたね(笑)その後半年で別れました。

未練タラタラのイケメン

とてもイケメンで身長も185㎝の元カレに、ドン引きしました。バツイチの彼でしたが元妻が子供を連れて出て行ってしまい離婚に至ったそうですが、子供の話しを始め思いを込めて付けた名前の由来、元妻への未練と思われる愚痴を聞かされ話し始めてるうちに泣き始める始末。それも号泣でしたしイケメンでも何度も同じ事を言われドン引きして別れました。

食べ方が汚いイケメン

イケメンだけどドン引きしたエピソードは、見た目が良くても食べ方が汚かったことです。食事の際にクチャクチャ音が聞こえるし、お箸もスプーンも投げ捨てるように置き、グラスも飲んでる途中で冷えたからといって残したまま交換したり。それを見ているとこちらも食欲がなくなりました。大人としてのマナーもないような人で本当にドン引きしました。

「本当は◯◯なんだろ?」というイケメン

ハーフでイケメンな人がいました。しかし、自分でイケメンだと分かっているので、常にそれをアピールしてきます。全ての女子は自分に気があるのだと思っています。私も仲の良いグループにいたので一緒に過ごす時間は多かったですが、全く興味がなかったので、彼を持ち上げることもなく、どちらかと言うと距離を置いている方でした。しかし、ある日彼から「本当は俺に興味あるんだろ?」と言われました。かなりドン引きしました。

こっそりスマホを見るイケメン

今お付き合いしている彼は男性からもカッコいいと言われるほどイケメンですが、とにかく細かく私の行動を把握したがります。中でも1番ドン引きしたのは、付き合って半年くらいの頃、フォローもしていないのにfacebookInstagramをこっそりチェックしていて、私の投稿をスクショしてあり、ケンカになった時に見せてきた事です。浮気したわけでもないのにスクショまでしてあって正直気持ち悪かったです。

他人を見下すイケメン

大学生のときに柏原崇さん似の超タイプのイケメン同級生と夏祭りに行った際、障害者施設の入所者の方たちが手作りの雑貨を販売していました。それを見た彼がその障害者の方達を「頭足りない奴ら」と発言!ドン引きどころか、最低すぎて軽蔑しました。その場で「それはあんただろ」と言い返して置き去りにして一人で帰ってきました。

繰り返しホジホジするイケメン

街中でかっこいいなと思う男性を見つけたのですが、深々と鼻くそをほじっていたのを見てドン引きしました。1回だけかなと思ったらその男性の友達と喋っている最中ずっと鼻くそをほじっていました。真剣に人の話をしている友達もムカつかないものかなと不思議に思いました。私の知り合いでそんな人が居たら頭をはたいちゃいます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です