韓国の男性の性格や恋愛観は?実際に付き合った話



韓国ドラマやK-pop、人気ですよね。

今まで韓国ドラマを見たこともなく、J-popしか聴かないぞ!という私でしたが、ひょんなことから、つい最近まで韓国人と付き合い同棲していました。

今はお別れしてしまいましたが、彼に韓国を案内してもらったり、彼のご家族に会ったり、韓国語を教えてもらったことはとても良い思い出です。

今回は、あまり知られざる韓国人との国際恋愛についてお届けします。

ストレートな告白にノックアウト

彼と出会ったのは留学していたフィリピンのセブ島でした。

彼とは友達の友達という形で知り合ったのですが、初めて会ったときから気に入られたらしく、そこからかなりストレートなアプローチが始まりました。

言葉でストレートに愛情を口にしてくれ、LINEのやり取りもかなりまめで、彼の男らしさにどんどん惹かれていきました。

ロマンチックな言葉に加えて、花束や手紙、化粧品をもらったり、風邪をひいたら私の寮まで薬を届けてくれたり、とにかく尽くしてくれました。

また、デート中は毎回、お姫様のようにエスコートされました。

毎回タクシーでの送り迎えで、椅子に座るときに毎回わざわざハンカチを敷いてくれ、ステーキを食べるときにはわざわざ小さく切ってくれ、こんなに女の子扱いされたのは人生で初めてでした。

記念日を大切にする文化

韓国人カップルは、付き合って100日の記念日を盛大にお祝いするそうです。男性がこの記念日を忘れると破局危機にもなりかねないらしく、この記念日をカウントするためのアプリもあるんだとか。

ネットでこの記念日について知り、密かに楽しみにしていたのですが、お祝いはなく、彼にそれとなく聞いてみると「祝うのは10代の子たちぐらいだよ」と笑われました。

しかし、記念日を大事にする習慣は日本よりも強いように感じました。

私たちはバレンタインデーの日、オーストラリアと韓国での遠距離恋愛でした。彼から「僕のチョコレートは?」と言われ「日本にはバレンタインデーなんてないよ」と嘘をついていた私(笑)

しかしバレンタインデー当日、彼から可愛らしい手紙が壁にデコレーションされた写真が送られてきて、とても感激しました。

遠距離だけどできることをしようという彼の気持ちが嬉しくて、少し反省しました。

筋肉へのこだわり

韓国人男性と日本人男性の違いで一番に感じたことは、やたら筋肉にこだわっているということでした。

彼はシックスパックがあり、それをやたらと自慢してきていたのですが、私にはあまり興味がなく「ふーん」という感じでした。

彼らは兵役があるため、常に体を鍛えているようです。

また、彼曰く、筋肉がない男性や背の低い男性は、韓国人の女性に相手にもされないということでした。彼は背が低めだったので、コンプレックスを解消するためにも常に体を鍛えていたようです。

ちなみに彼に兵役のときに何をしていたの?と聞いたら、北朝鮮の国境付近に、ひたすら穴を掘っていたとのことでした。

不謹慎ですが「なんかスーパーマリオみたいだね」と笑ってしまいました。

他に深くは語りませんでしたが、兵役は辛かったけれど自分を一人前の男にしてくれたと言っていました。

彼曰く、韓国では、兵役に行っていない男性は男性として見なされないそうです。

それから、韓国では男性だけでなく女性も体力向上にはとても関心があるようです。

確かに、痩せている女性が多いですよね。

週末にハイキングに行くという趣味が、韓国ではメジャーだそうです。

一度彼のお母さん(50代後半)と彼のお姉さん(妊娠後期)とハイキングに行ったのですが、私が息切れしても、2人はまだまだ余裕という感じで驚きました。

一緒に住んでみて困ったこと

彼とは3か月間、同棲していました。

2人の共通言語は英語で、2人ともまだまだ日常会話が完璧というレベルではなかったのですが、不思議と語学が原因でケンカになることはありませんでした。

食べ物の好みもほぼ同じで、全く困りませんでした。

強いて言えば、彼が毎日キムチを食べていたので、私も食べるようになったぐらいです。

そんな私たちが一緒に住んでみて一番困ったことが、彼がゲームをしすぎること!(笑)

韓国ではオンラインゲームがかなり人気だそうで、彼は休日はほぼ一日中ゲームをし、ゲームをしていないときはYouTubeでゲームの攻略動画を見る、という生活をしていました。食事中やデート中にゲームをしていたこともあり、大喧嘩になりました。

マザコン疑惑

韓国人男性はとても頻繁に母親と連絡を取ります。

私が彼と付き合う前に、彼が母親に私たちのデートについて話しているということを聞いて、マザコン!?と思ってしまったことがありました。

しかしこれはマシな方です。

私が友人と数人で会っていたときに、そのうちの韓国人男性がほぼ一日中、携帯でメッセージをやり取りしていたので、「彼女?」と聞くと「ママだよ」と答えられたことがありました・・・。

韓国人は日本人女性をどう思っているか

反日のイメージの強い韓国ですが、実際に韓国人と接してみると日本人に対して友好的な人が多く、日本人女性と付き合いたいという韓国人男性はとても多いそうです。

韓国人女性は気が強いそうですが、日本人女性は穏やかで従順なイメージがあるらしく、韓国のネット上ではよく「キムチ女・スシ女」と揶揄されます。

韓国の女性は、告白されても2~3度は断るそうです。それでもアタックしてくる熱意のある男性と付き合うのだそうです。

韓国人男性にとって、日本人の彼女がいるというのは、一種のステータスでもある、と聞いたことがあります。

韓国のみならず、日本人女性は、海外の男性からとてもモテます。

純粋で一途な大和撫子のイメージが根強いのでしょう。

さいごに

韓国人男性と付き合ってみて、最も刺激的だったのはストレートな愛情表現でしたが、その他は日本人男性とあまり変わらないなと感じました。

違う国で生まれても、内面はやはり同じ人間なので、最終的には人と人としての付き合いです。

彼とは今はお別れしてしまいましたが、彼のおかげで韓国の色々なところに遊びに行けたり、多国籍カップルの友達ができたり、国際恋愛はとても楽しく本当に良い経験となりました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です