無知なまま女性がバックパッカー一人旅するとどうなるのか?東南アジアの実情



憧れのバックパッカーとその実情

バックパッカーの旅に憧れて旅に出る若者達。物価がそこそこ安く近いという事もあり、東南アジアは人気の旅先となっています。治安が良く気候も厳しくない為、旅がしやすい場所として様々な層から絶えない人気のある観光地です。ここ最近一部ですが、東南アジア旅をする若者達のスタイルが変わってきています。少し気になる行動についてまとめてみました。

一人旅なのに一人で行動出来ない女性たちを目撃

旅をすれば様々な出会いに恵まれ、普段出会えないような人に会えるのも楽しみです。しかし、最近は一人旅が不安だからという理由で日本人宿に泊まり仲間を見つけて旅をする人を良く見ます。日本人宿に泊まるのは、言葉の不安や情報収集の意味で利用価値は高いと思います。出会いも多く楽しい時間が過ごせます。

最近気になるのは、一人旅なのに一人で行動出来ない女性。一応海外を一人で旅するというのは、ある程度の語学力と自立性が必要となります。女性であっても何かが起きた場合の危機管理能力は必要。しかし、あまりにも無知な為他人に依存するような旅をする人が増えています。誰かが行くなら行く、行きたい訳じゃないけど一緒に行く。まるでRPGゲームのように仲間を見つけなければ移動してはいけないルールがあるのか?!と思ってしまう程です。

その日暮らしをせざるを得ない

一人で行動出来ない女性を好都合に取る男性や、食い物にしようと狙う詐欺師などがいるのが現実。意思があまりない誰かに依存しやすい女性に一緒に周ろうと誘いをかけ、部屋をシェアして一定期間男女の関係を持ちながら旅をする。疑似恋愛のような関係をしばらく過ごし、どちらも違う相手に乗り換えながら旅を続ける。何もなければましですが、保証のない妊娠や性病などの危険があるのです。体の関係を断れば一人ぼっちになってしまうと、依存タイプの女性は言います。誰でもいいから一緒にいたい、一人ぼっちになるより体を差し出す方がいいと。日本にいる彼氏や彼女は気の毒すぎます。

そして、そんな彼女達を餌食にしようというのは、何も旅人だけではありません。現地に住む日本人が詐欺目的で近づく事があります。彼らの目的は、お金。一人で行動できないような女性に近づき観光地などを案内しながら徐々に本題に入るというような手段。きちんと意思を明確に出来る人には詐欺師もリスキーなので深入りはしてきません。どちらのケースも危機管理能力の無さから生まれるのだと思います。

一人が寂しいなら観光を 自立できるなら一人旅

では、人から人へと乗り換える旅を避けるためにはどうしたら良いのでしょうか。まず一人で行動が出来ないのなら最初から一人旅は避けるべきです。知っている友達と一緒に旅行をすれば良いのです。一人で行動する勇気はないけど頑張ってみたいと言うのなら日本人宿を利用してそこで色々教えてもらえば良いのです。ただ、そこで誰かにくっついて行こうと何も調べずに行くのはやめましょう。タイミングが合うようであれば行程の中で観光を共にするのは良いと思います。どんな旅であれ自分の意志をしっかり持つ事。それが、危険回避の対策のひとつになると言えます。

一人が寂しい、一人ではいられない。こんな症状なら一人旅に出る前に克服しましょう。性格の個人差はありますが、常に誰かに可愛がられてきた女性に多く見られます。何をするにも両親が決めてくれ、友達も面倒をみてくれるので自分の意志で決める事なく過ごしてきた人に多くみられます。もし自分がそうであれば少しの事からで良いので、自分ひとりで行動する練習をしてみましょう。自分の頭で考え、自分の意志で行動をするような訓練をすれば、徐々に一人で居られる時間も苦になりません。海外一人旅に憧れるのであれば、自立した素敵な女性になって心に残る自分らしい旅を実現してみませんか。

まとめ

自立した女性になる事はとても大事です。特に海外から見る日本人女性は幼さを指摘されます。そんな所につけ込む人達を回避する為に、少しでも自分を見直してみませんか。誰かの餌食になるような旅にしない為にも大人らしい自立心を磨いておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です