持ち家VS賃貸VS海外移住 どれが良いか迷ったら



住まい別メリット・デメリット

夢のマイホームを思い描いてやっとの思いで手に入れた持ち家。そして、縛られたくないという思いで点々とする賃貸派。日本にだけこだわる必要ないと、海外へ飛び出す海外移住。どれも、それぞれにメリットデメリットはあるものです。将来を見据えて迷っているあなたにそれぞれの特徴をご紹介します。

やっぱり持ち家は最高のステータス

持ち家のメリットは、やはり自分の持ち物だという所。家の中や庭など自由にリフォームをしたり、改築する事も可能。賃貸では、室内に穴を開けたり壁の色を変えたりする事はできませんよね。言うなれば、夢の自分のお城が築けるという事となります。ご家族と一緒なら、それぞれの希望を活かした快適な住まいとなる事でしょう。

持ち家である事は、周りからも羨ましがられる憧れのもの。どんな人からも持ち家なら安心ですねと言われる事でしょう。それは、ローンさえ終了すれば家賃もかからず自分の物として老後は安心して過ごせるだろうという事です。

そんな憧れの持ち家にもデメリットがあります。ひとつは、急な転勤などで持ち家からは通えない場合。賃貸にしてローン返済に充てるという事も出来るけど、見知らぬ人に貸すのはちょっとという人もいるはず。自分達が将来帰るまで大事に使ってくれるかどうかも心配ですよね。転勤族の可能性がある場合で、持ち家を賃貸にしたくないようであれば落ち着くまで購入は控える方がベター。引っ越しの可能性がなくなれば、気に入った場所を選んで貯めた貯金で老後まで落ち着いて持ち家に住むのは良い案だと思います。

もうひとつのデメリットは、子供の頃から住み慣れた場所であれば良いですが新しい土地で新しい人間関係を築く際にどうしても気に入らなかった場合。暮らすのが苦痛なのに、ローンを考えたら離れる事ができないと辛い思いを強いられてしまう。うまくいってたものも崩壊してしまうような事にもなり兼ねません。持ち家を持つ際は、慎重に考えて選ぶべきです。状況が良ければ最高の場所として長く住む事が出来ますし、メリットデメリットさえ理解していれば問題も回避できるでしょう。

自由に動ける賃貸物件

一か所に定住を好まない人なら賃貸物件がベスト。仕事の事情や、プライベートの事情で好きな場所に移動する事が出来ます。特に事情はなくても様々な場所に住みたいという人もいますよね。もちろん長く住む方が金銭面での得はありますが、引っ越しの面倒さを考慮しても移動好きな人なら賃貸が良いでしょう。

持ち家と違って制限はありますが、適度な距離感で過ごす事が出来いざ何かがあったとしても引っ越しをする事ができるので負担は少ないと言えるでしょう。特に独身者なら自由気ままに過ごせます。家族がいる人でも賃貸なら転勤があっても安心です。

賃貸物件での人間関係は、持ち家が並ぶ場所よりも出入りがある為場所によりではありますが、適度な関係で済む場合もあります。そして、万が一トラブルがあったとしても引っ越す事が簡単なので深刻な事態にならずに済むでしょう。

家賃を払い続けるうっとおしさはありますが、縛られない自由さを得られる賃貸物件はある程度の心の余裕は出来るのではないでしょうか。災害に見舞われた際も賃貸なら別の場所を探す事もできますし、安定とはいきませんが選択肢が広く便利だと言えるでしょう。

新天地を求めて海外移住

最近は、日本よりも気候が良く物価の安い東南アジアなどに海外移住を決める人が増えています。若いうちに仕事を探し移住する人や、リタイアメントをして老後を楽しむ人など事情は様々ですが、日本を出て新しい土地で出発するのもひとつの手段と言えるでしょう。

国によって違いはありますが、東南アジアの中でも海外移住の率が高いタイでは、賃貸物件を借りるのはとても簡単。ほとんどが一生暮らそうという覚悟で来る訳ではないので、賃貸物件を探す事が多いと思います。日本との違いは、不動産会社を通して探すのは高い物件だけ。タイ人が住むアパート(一万円から二万円位の家賃)の場合自分でアパートに訪ねて行き部屋を見て気に入ればオッケー。部屋さえ空いていればすぐにでも入居出来、最低限の家具が揃っています。ただ、タイアパートにはキッチンはついていないので自分で電気コンロなどを用意して工夫します。しかし、外のご飯の方が安いので一人の場合はなくても困らないと思います。そして、必ず警備員がいるので意外と安全です。ただ、注意点はあまり人気がないような場所は選ばないように。

現地アパートなんて無理!という人は、近代的なコンドミニアムの物件を同じように見に行きオーナーと交渉して選ぶのがお勧め。言葉が不安であれば日系の不動産会社を通すのもひとつです。部屋ごとのオーナーとなるので、家具などは部屋によりけり。ご自身の気に入った物件を選べば日本と変わりない暮らしをする事ができます。コンドミニアムはキッチン付きなので、現地の食事が苦手な人でも安心です。

もし長く住む予定であれば、コンドミニアムの一室を買うのも一つの手。同じ金額を賃貸で払うよりお得ですよね。ただ、外国人は一括現金払いが原則。可能であるならば、コンドミニアムを購入し帰国時は貸しに出すのも家賃収入となるので良いかと思います。

海外移住のメリットは、今までと違う世界を味わえ自分の好きな国で楽しめるところ。しかし、国は変わっても様々な苦労もあるので簡単には考えない方が良いです。その国のルールや、国民の気質などを受け入れる技量があるなら多くのメリットがあります。もし、それを受け入れられないのであればその国に行くのは難しいと言えます。旅行で見る国と住むのは訳が違います。日本のように便利ではなかったり、清潔ではない場所もあります。そして、考え方も大きく違う事も多いのですが、自分が選んで住む国であればある程度理解する事は必要です。日本基準が世界スタンダードだと譲れない人は、日本に暮らすが方幸せではないかと思います。

もし、海外移住を楽しむのであれば柔軟な考え方がある方が楽しめると思います。自分で選べずに赴任した駐在員なら仕方ないですが、自分で選んで来た国という事を忘れないで下さい。自分で選んだ場所で現地の愚痴ばかり並べる人を良く見ますが、考え方ひとつで変わる事もあります。ぜひ、新しい土地で楽しむのならゆったりと楽しむ気持ちを持って挑んでみて下さい。

おわり

持ち家、賃貸、海外移住それぞれにメリットデメリットがあります。どれがベストとは言えませんが、ぜひ自分に合った場所を見つけて下さい。どれを選んでもパーフェクトとはいかないでしょう。でも、自分で選んだものが素敵なものになるように選んで下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です