結婚したいと夢を見ながら結婚から遠のく行動をしている女性達の勘違い



結婚したい!と、口癖のように話す女性達。ほとんどの女性が、夢見る結婚。運命の男性に出会って、子供に恵まれた幸せな家庭を築く。そんな夢は、子供の頃から描いたものです。しかし、一方で念願の結婚をした女性は独身の女性を羨ましがったり、不倫に憧れるような発言をしたりします。このちぐはぐさは一体なんなのでしょう。

結婚したい30代女性達

結婚どころか、恋愛すら遠のいてしまった30代の女性。年齢の事を考えると結婚を急がなければと焦る年頃なのも当然ですよね。仕事が忙しく彼氏を見つける時間がなかった人や、結婚に繋がるような人に出会えなかったなど理由は様々ですが結婚を30代で悩む女性は多いのです。そしてその焦りの中でどうしても譲れない条件というのもあり、中々お眼鏡に叶う相手を見つけられずにいる女性もいます。

誰かいないかなと呟く30代後半の女性

彼女は、日々仕事が忙しく気づけば彼氏いない歴も長くなっていました。最後の彼氏を忘れられないという気持ちがあり、今まで真剣に相手を探す事をしていませんでした。しかし、30後半に突入しそろそろ誰か見つけなければという思いになってきたのです。彼女は友人に誰か男性を紹介してよと頼みました。そして数日後、友人の紹介で彼女の同僚の男性と会う事になったのです。

後日、彼女は友人に事の報告をしました。彼女は、この男性をいい人だけどときめかないの!と言ったのです。彼女の友人は、あなた結婚したいのよね?と改めて聞き直しました。すると彼女は、もちろん!でもずっとときめく事が出来る人じゃないとダメなの。あと、収入が低すぎるのも問題なの!計算したら、今みたいに色々買ったり旅行したりできないじゃない!と言ったのです。その後、彼女は何度も別の友人などに紹介を依頼したのですが彼女の欲を満たしてくれる相手はみつかっていません。

幸せな結婚とはなんでしょう

もちろん人それぞれありますが、お互いを愛し合い家庭を守っていく事が出来る人を見つける事が一番ではないでしょうか。女性が描く幸せな家庭に必要なのはトキメキではなく安心感だと思います。二人で作り上げる家庭には、中には大変な事もあるはずです。そんな時に支えあえる相手がいる事が何より大切。心が穏やかでいられる相手を見つけられるだけでも幸せではないかと思うのです。

結婚後、トキメキが欲しいという気持ちはあると思いますが、それは独身時代のものとは違います。すべてのベースを情報ばかりに踊らされて本質を失ってはいけません。恋愛を経て結婚となれば、恋愛部分への要求は必要ありません。結婚という目的があり、幸せになりたいのならそれに見合った事をすれば良いのです。なんでもかんでも手に入れようとするから、苦しむのです。今あるものを有り難いと思う事、大切にする事。そして、結婚相手は自分の欲だけを満たしてくれる道具ではありません。あなたが結婚相手に与えたいものはなんですか?

おわり

国の経済の影響などもあり、生活が苦しいと悩む人が多くなっています。しかしその反面お金に余裕がなくても消費が著しかったり、独身時代と同じように華やかな暮らしをしたいと望む人も多くいます。一度、本当に必要なものを考えても良いのではないしょうか。暮らしから見直し、本当に結婚に大事なものが何か見えた時素敵な相手が見つかるはずです。中々相手に巡り合えないなら相手にばかり求めるのではなく、自分の考えを変えていく事も大事です。ぜひ、幸せな結婚につながる相手を見つけ本当の幸せを見つけて下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です