ギブ&テイクとは?チャンスを逃す受身な女性たち



恋愛でよく言葉にギブ&テイクという言葉がありますよね。

 

ギブ&テイクとはカンタンに言うと

与える与えられることです。

ギブは、相手へ感謝の気持ちを伝えたり、相手が喜ぶことをしてあげること。(与える)

テイクは、褒めてほしい、優しくされたい、大切にしてほしいという願望のことです。(与えられる)

相手へ「ありがとう」と言って、感謝の気持ちを伝えることってステキですよね。これがギブです。

 

実際の恋愛でのギブ&テイクはどうなるのでしょうか?

仮に今、あなたが気になっている人、好きな人がいるとすれば、あなたに対し「ギブ」(与える)をしてくれたから好きになったのではないでしょうか。

「ありがとう!」と爽やかに笑顔で言われたり、「そのネイル可愛いね!」と変えたネイルにすぐ気づいてもらえたり、「今日も笑顔がステキだね!」と自分のチャームポイントを褒めてくれたり、たくさんギブ(感謝されたり、褒めてくれたり)され嬉しかったから好きになったのではないでしょうか。

 

しかし!

このように普段からさりげなくギブしてくれる男性には…

 

だいたい彼女がいますよね!笑

 

好きになった人には彼女がいる・・・悲しいことに、恋愛あるあるです。

 

そしてさらに!

 

さらに問題なのが、ギブしてくれる男性がとても少ないということです。

ギブしてくれない男性が多いという問題もありますが、実は女性もギブができずにせっかくのチャンスを逃している方がたくさんおられます。

例えば魅力あるステキな男性がいたら、相手から話しかけてもらうのを待ってたり、自分のことを知って欲しかったり、男性からの何らかのアクションを期待してしまいがちですよね?

 

つまり

受け身になってしまうんです・・・。

ステキな男性であればあるほど、相手からどう思われているのか気になりますよね。

褒めて欲しい、優しくされたい、そればかり期待し繰り返していると男性から「面倒くさいなぁ」「疲れる」と思われ距離を置かれLINEも既読スルーが日常的になっていきます。

逆を言えば、ギブをすれば、あなたが魅力的に見られるようになります。

普段から、相手への感謝の気持ちや相手が喜びそうな内容でコミュニケーションをすると相手のほうからどんどん近づいてくれます。LINEの返信もすぐ返ってきたり安心できる良い関係になっていきますよ。

テイク(与えられること)を求めると離れられてしまいますが、ギブ(与えること)をステキな男性と距離が近づきます。

ギブ&テイクはもう古い?勝手にストレス原因を作っている

ここまでギブ&テイクという内容でお話ししてきましたが、ギブ&テイク(与える&与えられる)のこと、なんとなく分かりましたか?

では、さらに、もう一歩ギブ&テイクのことを踏み込んでいきたいと思います。

ここも大切なことなので覚えておいてください。

 

実はいまの現代ストレス社会において、ギブ&テイクは少し古くなっています。

というのもテイク(与えられる)は、相手に何かを期待することですから、その期待していたことが叶わなかった時はストレスになってしまうのです。

 

「どうして○○してくれないんだろう?」このようにテイク(与えられること)に期待するほど叶わなかった時にはストレスになってしまうのです。相手に期待することはやめ、勝手にストレスを抱え込まないようにしましょう。

ギブ&テイクは下心のようにウンザリされることもある

ギブをしたらテイクして欲しいという、交換条件のような下心が見え見えの方もおられます。相手からすると、「見返りが欲しくてやっているなコイツは・・・」と思われてしまうのです。この場合、ウンザリされて残念な結果になりかねません。
幼い頃に「良い子にしていたらサンタクロースが来てくれる」なんて交換条件のような下心は卒業し、純粋にギブにだけに努めましょう。ギブ&ギブ&ギブ&ギブですね。

ギブギブギブがベストである理由

もう一度繰り返しますが、ギブ&テイクだと、「見返りが欲しくてやっているなコイツは・・・」と思われかねません。

 

しかしその反面、相手へのギブしか考えていないと「爽やかさ」がアップします。

どういうことかと言うと、

たまに「かわいい」って何に対しても使う方がおられますが、「可愛いって言ってる自分が可愛いし、そう見られたい!」って見えますよね?
そこに爽やかさがありますか?・・・無いですよね。下心が見え見えじゃないですか。

爽やかさとは別の表現で言うと、裏表がないことです。

ステキな男性であるほど裏表のある女性を何人も見てきてますから見分けがつくんですね。バレてます。

裏表があると信用されないですよ。

相手から信頼され安心して良い関係を築くにはギブギブギブがベストです。

 

まとめ

ギブ&テイクについて、理解を深めることができましたか?
ギブ&テイクについてまとめると、

ギブは相手へ感謝し喜ばせ与えること。

テイクは相手から何かを期待し与えられること。

ギブギブギブは、相手を喜ばせ嬉しくなってもらうことでどんどん距離が近づく

 

テイクテイクテイクだと、自分自身で勝手にストレスを溜め、面倒くさがられどんどん距離が離れていく。
ということです。

 

では、最後に身近な例で見ていきましょう。

例えばコンビニです。あなたも経験したことがあると思いますがコンビニ店員さんの中にはすごく爽やかで丁寧に対応してくれるコンビニ店員がいますよね。

そんな人から笑顔で対応されたらそれだけでもギブの気持ちが伝わってきて魅力的に見えますよね?だから気持ちの良い買い物ができるのです。

これがギブギブギブです。

 

ただ、そんなステキなコンビニ店員さんはごく少数です。だからとってコンビニ店員さんに良い対応を期待するのはNGです。これこそがテイクです。相手にこうして欲しいと求めることで自分で勝手にストレスを溜めることになってしまいます。

こうして欲しいと相手に求める待っているのではなく、こちらからギブをしましょう。コンビニでギブをするとどうなるのか?

ごく普通のコンビニ店員さんにお会計をしてもらう時、こちらから「ありかがとう!」と笑顔で明るく挨拶してみましょう

すると、さっきまでのぶっきらぼうな態度がうって変わって、すごく笑顔で挨拶し直してくれ、あなたが魅力的に見えるようになるのです。

相手を喜ばせるとされた側はお返ししたくなるものなのです。これがギブなのです。
先に相手からのアクションを期待しているうちは(相手のせいにしたり・・・)はチャンスはやってきません。ただ受け身なだけです。
こちらから先にギブギブギブすることであなたの魅力がどんどん増していきますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です