スマホのブルーライトで日焼けする!?対策方法とは



パソコン前でのデスクワークが中心の方、スマートフォンの使いすぎ、ついつい見続けちゃうテレビ。

現代社会では避けられない、画面から受けるブルーライト。
実は紫外線と同じように、日焼けしてしまう要因だということ、ご存知でしたか?
・毎日、美白化粧品を使っているのに、全然白くならない。
・日差しを浴びないように、ばっちり紫外線対策してるのに、肌が黒くなってしまう。
・あまり外出していないのに、しみ・くすみができちゃう…。
もしかしたら、日頃の紫外線だけではなく、【ブルーライト】が原因かもしれません。
ブルーライトによる日焼け対策、専用の日焼け止めの化粧品についてまとめました。

そもそもブルーライトって何だろう?

光には、人の目で見えない 波長の長い赤外線領域と、波長の短い紫外線領域、そして、その間に可視領域があります。可視領域(可視光線)にある光で波長の短い部分を青い光【ブルーライト】と呼んでいます。ブルーライトは、太陽光でもある程度あたっていますが、近年、パソコン・スマートフォンのディスプレイは、LED(白色発光ダイオード)になっており、このLEDの光の中にはブルーライトが多く含まれているのです。このブルーライトは、可視光線の中で最も強いエネルギーのため、目の角膜や水晶体で吸収されやすく、人間の身体に支障をきたしてしまうのです。

ブルーライトを浴びると、どういった影響があるのか?

身体への影響

ブルーライトを長時間浴びていると、メラトニンという眠気を誘うホルモンが分泌されにくくなり、体内時計が狂います。体内時計が狂うと、睡眠障害、うつ病、肥満、ガンになりやすいことが分かってきています。現段階では、これらの疾患に直接結びつくと断言できるだけの医学的根拠はありませんが、ブルーライトの浴びすぎが、疾患のリスクを高めることは分かっているようです。

目への影響

外界で散乱している光を角膜や水晶体で屈折させ、網膜に集めることで初めて「モノを見る」ことができます。ところが、ブルーライトの強い光は、角膜や水晶体で吸収されず、ストレートに網膜に達してしまい、網膜の中心部にある「黄斑」がダメージを受け、様々な眼病の原因になる場合があります。また、ブルーライトの強い光を長時間見続けると、瞳孔(どうこう)を小さくするために目の筋肉を酷使し、眼精疲労、ドライアイなどの症状がでます。

肌への影響

ブルーライトは紫外線よりも肌の奥深くへ届き、色素沈着につながることが研究で明らかになりました。紫外線による影響は表皮までとされていますが、ブルーライトは表皮の奥の真皮を通り超えて皮下組織部分まで及ぶほど強力です。
また、フランスの化粧品 大手ロレアルのブランド「ランコム」は、ブルーライトが肌に及ぼす影響について、ブルーライト照射1時間以内に肌色の変色が認められただけでなく、照射終了の3週間後まで残る色素沈着を引き起こしたことを、報告しています。ブルーライトが、酸化や微弱炎症による色素沈着を誘発することを裏付けました。

ブルーライトを避けるには、どうしたらいいの?

■閲覧時間を短くする
見る時間を短くすることだけでなく、スマートフォンやパソコンを閲覧する時は、至近距離での閲覧を控えてみましょう。
■ブルーライトカット用のフィルムを貼る
閲覧時間を減らせない場合は、ブルーライトカット用のフィルムなど使ってみましょう。
■ブルーライトカットメガネを使う
■スマホやパソコンの画面の明るさを落とす
暗い部屋でスマホの画面だけ付けて、後ろを見てみて下さい。信じられなくらいの明るさです。その明るすぎる光を、目から皮膚から吸収するので、自分に合った明るさをキープすると目に良いですね。

オススメ日焼け止め化粧品

 

 

 

まとめ

スマホやPCのおかげで生活はとても便利になりました。その反面、画面から受けるブルーライトにより、身体や目、そして皮膚への影響がわかりましたね。
外出時の紫外線対策しているのに…白くならない・焼けちゃう!という方は、ブルーライトの影響かもしれません。ブルーライト対策をして、日焼け防止、頑固なシミを作らないように、気をつけましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です