【女はミーハー・男はコレクター】男女の思考の違い21選まとめ



「男って、どうしてこんなに鈍感なの?」

「女って、なぜ、すぐ感情的になるんだろう?」

 男女の考え方や行動の違いは、脳の仕組みの違いからだといわれています。
 男脳、女脳の違いを理解すれば、日常生活での男女のくい違いも認め合えるようになり、互いの関係も、より良いものになっていくことでしょう。
ではさっそく見ていきましょう♪

感情の違い

男性の感情は単純でシンプル。オンかオフどちらにスイッチが入っているかどうか。
一方、女性は感情のスイッチがたくさんありとても複雑です。

恋人と別れた後の男女の違い

1日後 別れた直後の男性は元気いっぱいに解放感があります。しかし女性は悲しみます。
1週間後 男女共に寂しさを感じます。
1か月後 男性は日々が過ぎるにつれ付き合っていた彼女を思い出し後悔と悲しみ、そして引きずります。一方、女性は過去の男性のことは吹っ切り、次のドキドキする恋愛へ動き出します。

表情の違い

女性は、悲しい 驚き 怒り 喜び 恐れ 発情など感情が顔に出ます。
一方、男性はこれらの感情が表にほとんど出ず、唯一「発情」したときはニヤニヤします。

コミュニケーションの違い

会話量が違います。米メリーランド大学の研究結果によると、男性が発する単語数は1日に平均7000語。一方女性の場合は1日に平均20000語。およそ3倍もの単語数の違いがあります。
男性の会話は結論づいたら終了。女性は結論づくことなく脱線に脱線を繰り返して会話にゴールがありません。感情が落ち着くかどうかがゴールですね。

仕事でのあるある話

男は「ながら」ができない。女は「ながら」ができる。
男性は2つ以上のことを同時にできません。例えば男性はテレビを見ている時、電話が鳴った時は音量を下げて電話に集中することしかできません。一方、女性はテレビをつけながら雑誌を読みながら電話ができます。
これは右脳と左脳を結ぶ脳梁(のうりょう)という情報を処理する神経の束が太さが関係しています。女性のほうが神経が太いので複数のことが同時にできるのです。また、男女がいる職場であるあるな話なのですが、女性が男性に用件を伝えようと思った時、1回で伝わらないことがあります。
女「○○って言ったじゃない!」男「えっ聞いてないよ!・・・いやそういえば言われたような・・・」
女「ちょっと話聞いてる!?」男「えっ、何?ごめんもう一度言ってもらえるかな」
こういったことがよくありませんか?女性同士だと何かをしている時でもスピーディーに用件を伝えることはできますが、男性の場合はそうはいきません。用件を言う前に一旦男性に手を止めてもらって用件を伝えるか、メモを渡しておきましょう。家庭でも男性がテレビを見てくつろいでいる時に別の用件を言うと返事はすることがありますがこれも上手く伝わっていません。一旦テレビへの集中をといて用件を伝えるようにしましょう。

心惹かれる趣の違い

男はコレクター 女はミーハー
男性はこだわりがあります。有益な情報を集め成功談やノウハウなど自分のこれからに役立つ情報を収集したり実際に物を購入したりします。だから自慢話をしたがるんですね。一方、女性はミーハーです。例えば「好きな男性のタイプ」というと流行りの有名人がタイプという方が多いですし、好感度の高い人気女性タレントの身に着けているアクセサリも欲しくなりますよね。

ケンカする時

39183697_ml (1)

論理的VS感情的

男性は論理的にいつどこでなぜどうして今後は、と冷静に話し合いたいのですが、女性は感情で口論します。
論理と感情とはそもそも論点が違うので一度ケンカが始まると収拾つかなくなり大変です。
「感情に任せて相手にイライラをぶつけたくない、冷静に話し合いたい」という男性の意図も汲んであげましょう。

全面謝罪VS限定謝罪

男性は基本的に責任に対してしっかり向き合おうとするので、すべて自分が悪いのだと背負おうとします。一方、女性は部分的に否があるとして限定謝罪します。どちらかが正しいというわけではありませんがどちらかというと限定謝罪のほうが精神的にも悪影響が少ないので男性も限定謝罪をするほうが賢明です。ビジネスシーンでも同じことが言えますが全面謝罪ですと相手が全面的に責任を押し付け要求がさらにエスカレートすることがあるため限定謝罪で身を守りましょう。また男性は責任を負おうとすると自己否定・自己嫌悪へエスカレートする場合がありますが、本当に凹むと再起不能で立ち上がれなくなることもあるので、もし全面的に自分が悪いのだと主張する男性がいたら全部を否定させないようフォローしてあげましょう。

暴力VS記憶力

男女のケンカがエスカレートした場合、男性は暴力、女性は記憶力を武器にあの時はこうだったと過去を掘り返して昨日のことのように話します。男性は大脳辺縁系の奥にある扁桃体から攻撃衝動が出るのに対し、女性は海馬(記憶の中枢)というところで生々しい記憶をもとに戦います。どちらも相手への怒りや恐怖への刺激が強烈なので関係がドロドロどころではありません。本音で語れる関係とは全く違うので第三者の弁護士に相談しましょう。

休んでいる時

42343660_l
女性は男性に比べセロトニンが少ないため不安になりやすくなります。
恋愛中は、恋人と一緒にいるだけでセロトニンが増えて安心感が生まれます。
安心感を基準にすると恋愛で失敗することが少なくなりますよ。

買い物・ファッション

女性からすると趣味にお金をかける男性が理解できません。一方、男性からすると化粧品にお金をかける女性が理解できません。男性は必要なものだと定価以上の価格でも買い、女性はセールだと必要のないものも買ってしまいます。

ヘアカットの気づき

男性は髪を切るとスッキリして爽やかになりますが、女性は男性からするとヘアカットしても気づきません。普段ヘアアレンジをしている女性にはもっと気づきません。

女性下着の色の好みの違い

女性はビビットカラーを好みますが、男性はパステルカラーを好みます。女性らしく可愛い印象を持たれます。

部屋と車

女性は、部屋がキレイだが車の中は汚い。
男性は、車の中はキレイだが部屋が汚い。

心配事

男性は、5年後、10年後、老後まで心配します。一方、女性は今日の献立を心配します。

神社や流れ星で願いごとをするとき

男性はシンプルに1つだけ。
女性はあれや、これや、それから、あと、最後に、とたくさん願いごとをします。

パートナーへの要望

男性が女性に対して改善して欲しいところは1つだけなのに対し、
女性は男性に改善して欲しいところはたくさんあります。

イベント

男性は質素に結婚式をやりやい。できればやりたくない。
女性は派手に結婚式をやろうとする一生に一回だけという思いが強く、みんなに幸せをアピールしようとします。

結婚生活

男性は結婚すると弱くなる。

女性は結婚をすると強くなり、さらに子どもを産むと最強になります。

恋愛・愛情表現

一般的に、女性の愛情表現は「好き」「会いたい」などをそのまま言葉にするの対し、男性は「仕事が忙しくても合間をぬって会いにいく」「頻繁に連絡をとる」など、行動で愛情表現をする生き物です。男性は、好きだという気持ちを言葉にするのは照れるので、その代わり行動で愛情表現をするのです。
また、女性は「言葉」を中心とした日常のやりとりを重ねて愛情が深まっていくのに対し、男性は、愛情が深まるにつれ、女性ではなく外部に目を向けようとします。その女性を幸せにしたいから仕事や勉強をがんばるのです。なので「男は最初だけよ」安易に言い捨てたりしないで「行動」で愛情を感じてみましょう。

まとめ

男性と女性の思考の違いがなんとなく掴めましたか?
女性が当たり前だと思っている感覚は、男性にとっては難しく、また互いに過剰に期待するとすれ違いが起きやすくなります。
男脳、女脳の違いを理解すれば、こんなはずじゃなかった!などエスカレートした複雑なトラブルも防げます。
この感覚を知らずにトラブルが起こっている、もしくは起こりそうな人が周りにいたら是非教えてあげてくださいね♪
31866785_ml (1)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です